大阪シルバーバーチの会 亀水忠茂

大阪シルバーバーチ読書会のご案内
人生に疲れた方、心配、不安の絶えない方、
いっしょに霊的摂理・真理を学んで人生の目的を知り、
共に限りある今生を力強く活きませんか。

第108回読書会

開催日/2020年1月7日(火)

時 間/午後7時~8時30分

場 所/大阪市立生涯学習センター会議室で

      開催します。

      大阪市北区梅田1-2-2-500 
      大阪駅前第二ビル 5階 
      電話 :06-6345-5000

内 容/「シルバーバーチの霊訓」 第十一巻

     四章 “既成宗教のどこが間違っているのか”

         ―キリスト教を中心に(その1)

持参品/「シルバーバーチの霊訓」 

      第十巻を忘れずに持参してください。
参加費/無 料

   ページトップへ

 

mail

新規参加を希望される方は、
事前にメール連絡をお願いいたします。

   ページトップへ

 

profile

氏  名:亀水 忠茂

生まれ:1950年 男性 現役企業人(製造業)
住  所:兵庫県
趣  味:読書、クラシックカメラの収集
その他:

学生時代から常に人生の目的、意義を知りたいと探求してきました。

    ページトップへ

 

ご案内

 世の中あげて、科学・物質万能、拝金主義に突き進んでおります。そして五感に感じる現実のこの世界が人生の全てであって、それを謳歌するためには、どうしてもお金や地位、権力が必要と信じきって、その実現のためにはああでもない、こうでもないと、じっとしていられない毎日を送っております。そのため不安、恐怖、心配事が朝、目覚めたときから脳裏をよぎり、いつもの取り越し苦労がまた始まります。他人のことをかまう余裕もありません。

 では、はたして目に見えるこの世界や身体が唯一のものなのでしょうか。世の中で言われるように、死とともにすべては無に帰するとすれば、ほとんど苦悩の連続の人生とは一体何なんでしょうか。

 あるいは昔からいわれているように霊魂という本当の自分、本体があって、じつはその霊の力というか、気のような生命エネルギーがその肉体を動かしているのでしょうか。

 今の私たちの人生はとても短い一度きりの貴重なものです。理性に照らして納得のいく答えを今生で見出したいものです。 私は迂用曲折の末、ようやく「シルバーバーチの霊訓」の中にその答えを見つけました。人生に疲れた方、心配、不安の絶えない方、いっしょに霊的摂理・知識を学び、人生の目的・意義を知って、共に限りある今生を力強く活きませんか。

 

◯おすすめ

友人の女性が経営する神戸市須磨区にある喫茶店をご紹介します。スピリチュアリズム(特にシルバーバーチ)に関しては経験と知識がとても豊富で、的確なアドバイスが得られます。雑談も大歓迎ですので霊的摂理の話をする場がなくて困っておられる方は、どうかお気軽に遊びに来て下さい。
“喫茶りふれん”(午前8時~午後5時まで 定休日:毎月1日と日曜、祭日 TEL:078-737-3355)

 

次回読書会の霊訓の中から

  

 “自分を取り囲む事情が険しくなってきた時――暗黒が低く垂れこめ、稲光が走り、雷鳴が轟きはじめた時は、心を静かにして、これまで自分を導いてきた力はきっとこれからも導き続けて、次に進むべき道を示してくれるはずだという確信をもつことです。
力強く前進なさい。最善を尽くすことです。それ以上のものは人間に求められていません。
しくじった時は立ち直ればよろしい。しくじるということは立ち直れることを意味します。
皆さんは不完全な世の中の不完全な存在である以上、かならず失敗を犯します。完全へ向けての巡礼の旅は永遠に続くのです。これまでに啓示された真理に感謝しなくてはいけません”
P101

ページトップへ

 

過去の読書会テキスト

 

今月の叡智の言葉 (2019年12月)

“人生には二つの大切な要素があります。一つは(霊的)知識であり、もう一つは信仰(信念)です。知識の裏付けのない信仰は〝折れた葦〟(マタイ12・20その他)のようなもので、いざという時に頼りになりません。が、(霊的)知識信仰を上のせする───これが最高の組み合わせです” (シルバーバーチの霊訓 十一巻 P136)

ページトップへ

 

寸 感(2019年12月)

“地上人生の霊的成長ガイドライン”(苦しみ・試練)(2019年11月26日)


前回に引き続き地上人生での霊的成長のプロセスについて、シルバーバーチの霊訓 十一巻 二章 「霊媒的能力」の中の“別の日の交霊会である霊媒に次ぎのような励ましの言葉を述べた―” (P45~P48)からみてみましょう。


A)地上人生の目的を成就するにはバラ色の人生ではダメなのです。
魂を目覚めさせるような“苦の体験”がどうしても必要となります。 例えば危機的体験、悲しみ、別離(死別)、病気などの絶望的段階や危機的状態に陥る体験などです。


“魂も辛酸をなめて初めて真の自我に目覚めるのです。それ以外に、地上で魂が目覚めそして活動を開始するための手段はありません” (シルバーバーチの霊訓 十一巻 P67)

 

この世には自分自身も含めて他に頼るものはないと悟り、科学万能の唯物主義に染まった自我(エゴ)を手放すことによって、これらの“苦の体験”が“魂の琴線”に触れる触媒となり、時期が来ておれば霊的なものを受け入れる準備が整い求めるようになります。

 

B)それでは、一旦、“苦の体験”から“本当の自分”(霊魂)に目覚めたなら、それ以降“苦”は無くなるのでしょうか?

 

残念ながら“本当の自分”(霊魂)に気づくか気づかないに関わらず、“苦”は常にやってきます。そしてそれが“心配の念”となって霊力や霊界の背後霊からの導きやインスピレーションの通路を塞いでしまいます。
このことは常日頃私たちも程度の差はあれ似たような体験をしています。私たちは何かとても大きな心配ごとがあると心はそれに捕らわれて他のことは上の空になってしまいます。他のことを受け入れる心の余裕が無くなるのです。これと原理は同じです。
このように心配・不安の感情は霊力が存分に、そして自由に身体に流入するのを妨げてしまいます。そして気の元(霊力)が流入しなくなるので、元気が無くなり顔にもそれが現れるのです。
そのためにシルバーバーチは何度も何度も繰り返し“心配してはいけません”と、交霊会のつど魂に目覚めているはずの参加者に毎回語っています。私たちにもまったく同じことがあてはまります。苦難・逆境は必要であり避けられませんが、心配してはいけないとシルバーバーチは諭しています。この“心配してはいけない”には情状酌量の余地、例外となるケースは一切無いのです。


霊的実在についての知識を手にした者は、不安・心配・悩みの念を宿すようなことがあってはなりません” 
(シルバーバーチの霊訓 十一巻 P51)

 

C)たとえ“本当の自分”(霊魂)に目覚めていても、大小さまざまな艱難辛苦がやってきます。それは、何一つ難問がないようでは霊的真理を求めず、また摂理が理解できないからです。
私たちの霊的成長には終わりはなく、内部の神性をより多く発揮すべく、進化と発達と開発のための不断の努力をしいられるということです。
地上世界ならではのいろいろな苦難や試練をとおして叡智や悟り、ゆるぎない摂理への不動の信仰を地上人生の間に身につける必要があります。それは人間関係も含めて両極の世界だからこそ、短い地上人生の間に大きく魂は成長することができるからなのです。

もしも私たちの毎日がバラ色の平穏な日々であれば、科学万能の唯物主義世界の中にあってスピリチュアリストといえども地上人生を謳歌し、幻に目がくらんでとてもとても霊的なものを求めたりしないでしょう。もしも仮に関心を持ったとしてもいつまでも続かないでしょう。これでは地上人生が光だけで楽しいことばかり、空腹というものを知らなかった一生で終わり、霊的摂理を学び成長するという本来の目的は達成できなくなってしまいます。
まさに光(霊的摂理)を求め見出すのは闇(苦)の中においてこそだからです。だからこそ一難去ってまた一難と、次から次へと波のように“苦”がやってくるのです。


それでは“本当の自分”(霊魂)に目覚めたあと、霊界から導かれ救いを得るには、A)絶対に避けられない“苦の体験”と、B)“一切心配してはいけません”との矛盾を、どのように私たちは解決すればよいのでしょうか。
この矛盾に対処するシルバーバーチの言葉を以下、同じ霊訓の個所(P47)から纏めてみましょう。


1.確固たる霊的知識に裏うちされた完ぺきな信頼自信信仰をもつこと。


2.(霊界の)私たちを信頼してください。きっと道をお教えします。扉を開いてさしあげます。


3.(霊界から)私たちは私たちのやり方私たちのタイミングで事を運びます。


4.あせってはなりません。快く私たち(霊界側)の協力者となってくれるだけでよいのです。そうすれば私たちなりの役割を果たします。


5.そして、(霊力の)通路を塞いでしまうことのないように、細心の注意をもって(不安の念を)監視しなければなりません。


となります。苦難や逆境の目的・意義は、霊的摂理を学び、それを裏付けにした摂理や霊界(背後霊)への信頼(信仰)を強化するという教育の一環だったのです。


“無知から生じる無用の心配の念が無数の人間の心に巣くっております。心配というのは想像の世界にしか存在しないものです。実在しないということです。それで私は心配の念を棄てなさいと繰り返し申し上げるのです。解決できない問題というのは絶対に生じません。重すぎて背負えないほどの荷は与えられません。常に明るく確信に満ちた雰囲気の中で生活していれば、必ずや援助し導いてくれる勢力を呼び寄せます” (シルバーバーチの霊訓 十二巻 P190)


艱難辛苦の大きな意義は、背負えない荷は背負わされないことや、背後霊の護りや導きがあり、必ず克服できるという霊界からの約束を信じて、心配しないという信仰の訓練・養成であったのです。


今いる私たちのこの両極の世界、地上世界での霊的覚醒と霊的成長には一定の定められたパターン(ガイドライン)があります。
例えば、“本当の自分”(霊魂)に気づくには1.苦の体験と、2.霊的なものを受け入れる用意のあること(時期に来ていること)が絶対条件となります。


また、一旦、“本当の自分”(霊魂)に気づいたあとは、地上世界(相対の世界)ならではの苦難や試練をとおして霊的摂理を学び、叡智や悟りをへて、霊的知識に裏うちされた本物の信仰を身につけ、さらなる霊的成長を図らなければなりません。
くり返しますと、家庭や仕事、社会活動などの日常生活を営む中で、例外なくさまざまな苦難や困難がやってきます。私たちスピリチュアリストはそのつど霊的摂理へ戻り霊的約束への信仰によって、この苦難・困難への克服体験を積み重ね、はじめて我が血となり肉となって摂理への理解や信仰が真に身につくのです。物質界での苦(闇)があるからこそ霊的摂理(光)の価値が判り、それを理解することができます。四苦八苦の“苦”の中で摂理を理解するために、わざわざ地上世界に出てきたのです。正に摂理を理解するためにこそ“苦”があるのです。


困難と障害は霊性を発達させ進化させていく上において必要不可欠の要素なのです” 
(シルバーバーチの霊訓 十巻 P21)


何度も何度も鍛えられてはじめて、かって発揮されたことのない、より大きな霊性が発揮するのです” (シルバーバーチの霊訓 十巻 P22)


ちょうど霊的摂理の机上(書物)での学習と、実生活をとおしてその霊的知識を実習する、すなわち実践(応用問題を解く)をすることになるのです。もちろん逆のコースも真なりです。
“苦”の意義を知りこの霊的な教育課程を効果的に、且つ、十分に身につけるためには地上人生の間にまずは“本当の自分”(霊魂)に気づいて、魂は目覚めておかなければならないのです。魂が活動を開始するために目覚めが必要となるからです。 (シルバーバーチの霊訓 十一巻 P67) 但し、目覚めたからといっても確信に至るまでには数多くの霊的体験が必要で、相当長い期間を要することになります。


同時にまた、シルバーバーチは私たちに次のようにとても力強い励ましの言葉も述べておられます。


“時おり私は地上の同志のもとを訪ねてみることがありますが、霊的知識をたずさえているはずの人が悩み、そして心配しているのを見て、不可解でならないことがあります。
霊的知識は、永遠の霊にはいかなる危害も及ばないことを保証する基盤であるはずです。
霊的知識を手にした者は常に光の中で生き、明日を思い煩うことがあってはなりません。
地上には人間が思い煩う必要のあることは何一つありません。
あなたの内部には霊的兵器――非常事態や危機に際して活用できる霊的資質(霊的感応性能)が宿されているのです。その潜在力を呼び起こし、待機している霊に訴えれば、解決できない問題は何一つありません
 (シルバーバーチの霊訓 十巻 P23)

 

ページトップへ

 

ブックマーク

-シルバーバーチ読書会のご案内- (北から順)

○東京シルバーバーチ読書会  ○三重シルバーバーチ読書会  ○滋賀シルバーバーチ読書会 

○京都シルバーバーチ読書会  ○生駒シルバーバーチ読書会  ○関西シルバーバーチ読書会

○初めてスピリチュアリズムを学ぶ会  ○神戸シルバーバーチ読書会   ○北神戸シルバーバーチ読書会

○姫路シルバーバーチ読書会  ○播磨シルバーバーチ読書会  ○広島シルバーバーチ読書会 

○沖縄スピリチュアリズム読書会

 

-ブックマーク-

○スピリチュアリズム普及会  ○ともしび  ○続 いのちの波動  ○彼女の旅路 

○スピリチュアリズム・心のノック  ○シルバーバーチの霊訓とともに歩む  ○コバチャン本舗  ○霊性の目覚め

○シルバーバーチの教えとともに   ○助けとなる言葉  ○東京スピリチュアリズム・ラボラトリーブログ 

○The Spiritual Truth by Silver Birch  ○乳がんになってスピリチュアリズムに出会うvol.2  

○ブログ「スピリチュアリズム研究ノート」 ○ちかのぶつくさ日記 ○真実一路 ○魂の巡礼の旅 ◯霊界文庫

○(公財)日本心霊科学協会 シルバーバーチの霊訓 ○「シルバーバーチの霊訓」講座 講義用ノート

 

-自殺予防サイト-  「シルバーバーチの霊訓」に基づいた自殺予防サイトです。“自殺”キーワードの検索上位にするためには出来るだけ頻繁に閲覧することや、外部からリンクを貼ることが有効ですのでご協力をお願い致します。

○自殺ダメ  ○自殺の甘い罠

 

   ページトップへ

 

トップ