大阪シルバーバーチの会 亀水忠茂

大阪シルバーバーチ読書会のご案内
人生に疲れた方、心配、不安の絶えない方、
いっしょに霊的摂理・真理を学んで人生の目的を知り、
共に限りある今生を力強く活きませんか。

第96回読書会

開催日/2018年9月4日(火)

時 間/午後7時~8時30分

場 所/大阪市立生涯学習センター会議室で

      開催します。

      大阪市北区梅田1-2-2-500 
      大阪駅前第二ビル 5階 
      電話 :06-6345-5000

内 容/「シルバーバーチの霊訓」第九巻 

     十二章“自殺についての二つの投書” &

     十三章“おしまいに”

      潮文社出版 近藤千雄訳
持参品/「シルバーバーチの霊訓」 

      第九巻を忘れずに持参してください。
参加費/無 料

   ページトップへ

 

mail

新規参加を希望される方は、
事前にメール連絡をお願いいたします。

   ページトップへ

 

profile

氏  名:亀水 忠茂

生まれ:1950年 男性 現役企業人(製造業)
住  所:兵庫県
趣  味:読書、クラシックカメラの収集
その他:

学生時代から常に人生の目的、意義を知りたいと探求してきました。

    ページトップへ

 

ご案内

 世の中あげて、科学・物質万能、拝金主義に突き進んでおります。そして五感に感じる現実のこの世界が人生の全てであって、それを謳歌するためには、どうしてもお金や地位、権力が必要と信じきって、その実現のためにはああでもない、こうでもないと、じっとしていられない毎日を送っております。そのため不安、恐怖、心配事が朝、目覚めたときから脳裏をよぎり、いつもの取り越し苦労がまた始まります。他人のことをかまう余裕もありません。

 では、はたして目に見えるこの世界や身体が唯一のものなのでしょうか。世の中で言われるように、死とともにすべては無に帰するとすれば、ほとんど苦悩の連続の人生とは一体何なんでしょうか。

 あるいは昔からいわれているように霊魂という本当の自分、本体があって、じつはその霊の力というか、気のような生命エネルギーがその肉体を動かしているのでしょうか。

 今の私たちの人生はとても短い一度きりの貴重なものです。理性に照らして納得のいく答えを今生で見出したいものです。 私は迂用曲折の末、ようやく「シルバーバーチの霊訓」の中にその答えを見つけました。人生に疲れた方、心配、不安の絶えない方、いっしょに霊的摂理・知識を学び、人生の目的・意義を知って、共に限りある今生を力強く活きませんか。

 

◯おすすめ

友人の女性が経営する神戸市須磨区にある喫茶店をご紹介します。スピリチュアリズム(特にシルバーバーチ)に関しては経験と知識がとても豊富で、的確なアドバイスが得られます。雑談も大歓迎ですので霊的摂理の話をする場がなくて困っておられる方は、どうかお気軽に遊びに来て下さい。
“喫茶りふれん”(午前8時~午後5時まで 定休日:毎月1日と日曜、祭日 TEL:078-737-3355)

 

次回読書会の霊訓の中から

  

いかなる事態も本人が思っているほど暗いものではありません。その気になれば必ず光が見えてきます。魂の奥に潜む勇気が湧き出てきます。責任を全うしようとしたことが評価されて、その分だけ霊界からの援助のチャンスも増えます。背負いきれないほどの荷はけっして負わされません P210

ページトップへ

 

過去の読書会テキスト

 

今月の叡智の言葉 (2018年8月)

“私たちの願いは、あなた方に生き甲斐ある人生を送ってもらいたい、持てる知能と技能と才能とを存分に発揮させてあげたい、そうすることが地上に生をうけた真の目的を成就することにつながり、死とともに始まる次の段階の生活に備えることにもなる――そう願っているのです。 (中略) こちらでは霊性がすべてを決します。霊的自我こそすべてを律する実在なのです。そこでは仮面も見せかけも逃げ口上もごまかしも利きません。すべてが知れてしまうのです” (九巻)P224

ページトップへ

 

寸 感(2018年8月)

“霊訓にみる挫折克服法”(2018年8月6日)(苦しみ・試練)


困難・試練にあたって、全能の霊力(神の力)と高級霊団を味方につけましょう。
あなたは決して一人ではないのです。

 

○しくじりやすい地上人だから自信がなく、心配・不安・取り越し苦労性になります。


○だから自我の力に頼らず、摂理すなわち霊力(神の力)に全ての信頼を置くようにしましょう。


○一人で人生を歩んでいるのではない証拠として、過去の霊界の背後霊からの導きがそれを証明しています。そして霊訓で約束されているように、今後もその導きがあると信じることです。


○そして、背後霊との関係維持のため、霊訓を読みこみこれら霊界からの導きや霊力の働きかけを遮断するような心配の念の進入をできるだけ受けつけないように努力しましょう。


○それさえ心掛ければ、霊力に全幅の信頼(信仰)を置き、今日一日だけを精一杯に生きればよいのです。あとのことは霊的約束があるので背後霊に一身を預けてその導きに全託しましょう。自我よりも霊的摂理を信頼し、霊界に心を開くことです。

では次に、少し長くなりますが、霊訓を引用しながら霊界からの導きや霊力の働きかけについて調べてみましょう。

 

●スピリチュアリストの挫折克服法は、ズバリ 霊力(霊的摂理)への信仰!


“大霊は全知全能であり、その霊力(神の力)の働きは完全無欠です。そこでその霊力に全幅の信頼(信仰)を置く者に決して挫折はないと確信をもって申し上げるのです” (九巻)P195

 

●では、その霊力とは一体何?


“霊力、神の力――私はそれを大霊と呼んでいるのですが――” (九巻)P163


“霊力とは生命力であり、生命の素材そのものであること、活力であり無限に存在すること、可変性があり、無限の形態をとることができ、無限の置き換えと組み合わせが可能である、ということです” (九巻)P174 


⇒霊力とは神の力そのもので、生命力(活力)や法則、叡智、ヒーリング、導き、インスピレーション、活力、奇跡な出来事等々、全知全能で様々な形態をとって顕現します。

 

●その霊力を呼び込む方法は


霊力は条件さえ整えば、つまり①一かけらの心配の念もなく(信頼)、② (霊的)知識を基盤とした信仰と、③体験(導きの跡)から生まれた確信(信念)とがあれば、時として驚異的なことをやってのけます” (九巻)P34

 

① 心配の念 たとえ“一かけらの心配の念”でも何故いけないのでしょうか? 


“人間には一種の機械としての物的身体が与えられています。あなたはその身体を通して自我を表現している一個の霊(本当の自分)なのです。あなたが悩みを抱くと、霊と身体との間の水門が閉ざされ、身体は生命力の補給路を失うことになります。補給源とのつながりを断たれることになりますそのことに気づいて心構えを改めないかぎり、あなたの身体はその不健康な作用と反作用の法則に従いつづけることになります。心配の念はあなたの霊的大気であるオーラの働きを阻害し、その心霊的波長を乱します。その障害を取り除くまでは生命力(活力)が流れ込みません。泰然自若の境地に至るには長く厳しい修行、過酷な試練、そして心配の念の侵入を許すまいとする不断の努力が要請されます” (九巻)P49


⇒泰然自若の境地に至るには、心配の念の侵入を許すまいとする不断の努力(信仰)が必要となります。

 

② 霊的知識 では、霊力にどうすれば全幅の信頼を置くことができるのでしょうか


(霊的)知識を基盤とした信念(信仰)に燃えてください(3-②)。
皆さん方の一人一人が霊の導きによって今日まで苦難と危機と困難を乗り切ってこれたのです。振り返ってごらんになれば、その導きの跡が読み取れるはずです(3-③)
そこで、人間的煩悩ゆえに時には背後霊を手こずらせることはあっても、これほどのことをしてくださった背後霊が自分を見放すはずはないとの信念(信仰)に燃えなくてはいけません” (九巻)P193

 

③ 霊的証拠 たどってきた背後霊の導きの跡(体験)を読み取る
上記の①~③全ての条件を満たすにあたっての必須条件となる、“本当の自分”は“霊魂”であるという霊的自覚はどのようにして得られたのでしょうか。


“霊的資質は永いあいだ潜在的状態を続け、魂が十分に培われた時点(時期の来た大人の霊)でようやく発現しはじめるものです。それが基本のパターンなのです。すなわち悲しみ(試練・困難)や病気、あるいは危機に遭遇し、この物質の世界には何一つ頼れるものはないと悟った時に、はじめて魂が目を覚ますのです。何一つ煩わしいことがなく、空は明るく静かに晴れ上がり、すべてがスムーズにそして穏やかに運んでいるような生活の中では、真の自我は見出せません。すばらしい霊的覚醒が訪れるのは、嵐が吹きまくり、雷鳴が轟き、稲妻が光り、雨が容赦なく叩きつけている時です” (九巻)P70 


⇒人生の目的である“本当の自分は霊魂である”ということに目覚める過程が、まさしく霊界からの導きそのものの実体験なのです。

 

●しくじりやすく、挫折しやすい私たちに向けてシルバーバーチは語る


過去はもう過ぎ去ったのです。これまでに犯した間違いはお忘れになることです。皆さんは間違いを犯しそれから学ぶために地上へやって来たようなものです。過ぎ去ったことは忘れることです。大切なのは今現在です。今、人のためになることをするのです。どんな形でもよろしい。自分の置かれた物的環境条件から考えて無理でない範囲のことを行えばよろしい。先のことをあまり考え過ぎてはいけません。皆さんが皆さんの役目を果たしていれば、私たちは私たちの役目を果たします。そして、そうした協調関係の中では絶対に挫折はないことをお約束いたします” (九巻)P193

 

●そのシルバーバーチが語る“絶対に挫折はない”という根拠、保証は一体何でしょうか?


“挫けてはなりません。いかなる事態にあっても、不安の念をカケラほどでも心に宿すようなことがあってはなりません(3-①)今日まで支えてきた力(3-③)は、これからも決して見棄てるようなことはいたしません。絶対に裏切ることはありません(3-② 霊的知識として)。もしあるとしたら、この宇宙(の摂理・法則)そのものが存在しなくなります。その根源的なエネルギー(霊力)、存在の支えそのものが不在となることがあることになるからです” (九巻)P89

 

●霊力を得る道は、正に霊的摂理に対する信仰の強さそのものに比例するのです


迷わずに前進なさることです。今日は今日一日のために生きるのです。そして、過去が霊の導きを証明しているように(3-③)未来も間違いなくあなたが志願された使命を全うさせてくれるものと信じること(信仰)です” (九巻)P90


“万が一やる気を無くすようなことがあったら――人間なら時には意気消沈することがあるものです――その時はいったん歩みを止めることです。そしてそれまで奇跡ともいえる形で成し遂げられてきたことを振り返って(3-③)、これだけのことが成就されてきたのなら、これから先もきっとうまく行くはずだという認識(信仰・信念)をもつことです。あなたに要求されることは、そこまであなたを導いてきた霊力(神の力)に対する絶対的な忠誠心と自信とをもってあなたの責務を全うすること、それだけです。あなたなりのベストを尽くすことです。あなたの力の範囲内で出来るかぎりの努力をなさることです。恐れるものは何一つありません。困難はあります。が、それもきっと克服されます(3-② 霊的知識として)” (九巻)P94


真理を理解した人間は沈着、冷静、覚悟が身についております。恐れるということがありません。不安の念の侵入を受けつけず、無知と迷信と悩みが生み出す暗黒(不安)を打ち消します。自分に生命を与えてくれた力、宇宙を支配している力、呼吸し活動するところのものに必需品を供給する力(霊力・神の力)は絶対に裏切らないとの信念(信仰)があるからです。大切なのは、ご自分の方から神を裏切らないことです。これまでに得たもの、いま受けつつあるもの、そしてそれから生まれる叡智のおかげでせっかく宿すようになった信頼を裏切るような行為をなさらないように心掛けることです。霊的真理にしがみつくことです。これまでに自分たちに啓示されたものを信じて(信仰)物事に動じないことです。一つ一つの問題に正面から取り組み、精いっぱい努力し、済んだことは忘れることです。援助は必ず与えられます(3-② 霊的知識として)。なぜなら、お二人(参加者夫妻)を愛する人たち、地上にいた時より一段と親密度を増している人たちが、お二人が難題を切り抜けるように取り計らってくれるからです” (九巻)P60


⇒他界まで含めた永遠の視点でみると、何が最適の道かは本人自身には分かったようで実は分からないものです。
そうなると今できることは、精一杯の努力をした後は、結果がどうなるのかを心配するのではなく、過去からの導きを証拠として霊界の守護霊や指導霊を信頼し、結果は全て霊的視点からみている彼らの導きにまかせて従うことです。いわば天動説から地動説に考えを切り替えることです。そのことが霊力に全幅の信頼を置くことになり、摂理の実践にもなるのです。


あなた方は霊的に導かれるままに進まれるがよろしい。霊的進歩には型にはまった様式はありません。今日まで導いてきてくれた力(霊力)を信じて一身を預けることです。その力こそ、地上のあらゆる物的財産に勝る珠玉の知識(霊的真理)をもたらしてくれた力です。ひたすらに前向きに歩まれることです。どこにいても最善のものを施すことです。かならずや導かれ、援助を受けます(霊的約束として)” (九巻)P165

ページトップへ

 

ブックマーク

-シルバーバーチ読書会のご案内- (北から順)

○東京シルバーバーチ読書会  ○三重シルバーバーチ読書会  ○滋賀シルバーバーチ読書会 

○京都シルバーバーチ読書会  ○生駒シルバーバーチ読書会  ○関西シルバーバーチ読書会

○初めてスピリチュアリズムを学ぶ会  ○神戸シルバーバーチ読書会   ○北神戸シルバーバーチ読書会

○姫路シルバーバーチ読書会  ○沖縄スピリチュアリズム読書会

 

-ブックマーク-

○スピリチュアリズム普及会  ○ともしび  ○続 いのちの波動  ○彼女の旅路 ○シルバーバーチを拠り所にして

○スピリチュアリズム・心のノック  ○シルバーバーチの霊訓とともに歩む  ○コバチャン本舗  ○霊性の目覚め

○シルバーバーチの教えとともに   ○助けとなる言葉  ○東京スピリチュアリズム・ラボラトリーブログ 

○The Spiritual Truth by Silver Birch  ○乳がんになってスピリチュアリズムに出会うvol.2  

○ブログ「スピリチュアリズム研究ノート」 ○ちかのぶつくさ日記 ○真実一路

 

-自殺予防サイト-  「シルバーバーチの霊訓」に基づいた自殺予防サイトです。“自殺”キーワードの検索上位にするためには出来るだけ頻繁に閲覧することや、外部からリンクを貼ることが有効ですのでご協力をお願い致します。

○自殺ダメ  ○自殺の甘い罠

 

   ページトップへ

 

トップ