大阪シルバーバーチの会 亀水忠茂

大阪シルバーバーチ読書会のご案内
人生に疲れた方、心配、不安の絶えない方、
いっしょに霊的摂理・真理を学んで人生の目的を知り、
共に限りある今生を力強く活きませんか。

第117回読書会

開催日/2022年2月1日(火)

時 間/午後7時~8時30分

場 所/大阪市立生涯学習センター
     TEL: 06-6345-5000(代)
     大阪市北区梅田1-2-2-500
     大阪駅前第二ビル5階
     アクセス案内:
     https://osakademanabu.com/umeda/access

内 容/「シルバーバーチの教え」 上巻 六章
      “すべてを支配する神の摂理”

持参品/「シルバーバーチの教え」 上巻

      (スピリチュアリズム普及会発行)

   ページトップへ

 

mail

新規参加を希望される方は、
事前にメール連絡をお願いいたします。

   ページトップへ

 

profile

氏  名:亀水 忠茂

生まれ:1950年 男性 現役企業人(製造業)
住  所:兵庫県
趣  味:読書、クラシックカメラの収集
その他:

学生時代から常に人生の目的、意義を知りたいと探求してきました。

    ページトップへ

 

ご案内

 世の中あげて、科学・物質万能、拝金主義に突き進んでおります。そして五感に感じる現実のこの世界が人生の全てであって、それを謳歌するためには、どうしてもお金や地位、権力が必要と信じきって、その実現のためにはああでもない、こうでもないと、じっとしていられない毎日を送っております。そのため不安、恐怖、心配事が朝、目覚めたときから脳裏をよぎり、いつもの取り越し苦労がまた始まります。他人のことをかまう余裕もありません。

 では、はたして目に見えるこの世界や身体が唯一のものなのでしょうか。世の中で言われるように、死とともにすべては無に帰するとすれば、ほとんど苦悩の連続の人生とは一体何なんでしょうか。

 あるいは昔からいわれているように霊魂という本当の自分、本体があって、じつはその霊の力というか、気のような生命エネルギーがその肉体を動かしているのでしょうか。

 今の私たちの人生はとても短い一度きりの貴重なものです。理性に照らして納得のいく答えを今生で見出したいものです。 私は迂用曲折の末、ようやく「シルバーバーチの霊訓」の中にその答えを見つけました。人生に疲れた方、心配、不安の絶えない方、いっしょに霊的摂理・知識を学び、人生の目的・意義を知って、共に限りある今生を力強く活きませんか。

 

◯おすすめ

友人の女性が経営する神戸市須磨区にある喫茶店(新須磨病院 隣)をご紹介します。スピリチュアリズム(特にシルバーバーチ)に関しては経験と知識がとても豊富で、的確なアドバイスが得られます。雑談も大歓迎ですので霊的摂理の話をする場がなくて困っておられる方は、どうかお気軽に遊びに来て下さい。
“喫茶りふれん”(午前8時~午後5時まで 定休日:毎月1日と日曜、祭日 TEL:078-737-3355)

 

次回読書会の霊訓の中から

  

“地上生活には時として、辛さと絶望、痛みと悲惨さがともないますが、そのすべてが魂にとって永遠の旅路に向かうための準備なのです。
暗黒と光、陰と日向といった対照的なものも、実は一個の統一体の反映にすぎません。
陰なくしては光もあり得ず、光なくしては陰もあり得ません。それと同じで、困難は魂が向上するための階段です。困難・障害・ハンディキャップ—―こうしたものは魂の試練なのです。
それを克服したとき、魂はより強くなり、より純粋になり、より深くなり、いっそう進化するようになるのです。
無限の可能性を秘めた魂の潜在能力が、困難も苦痛もなく、陰も悲しみも悩みも悲惨さもなしに発現すると思われますか。発現するはずはありません。
悲哀の極みをなめ尽くして初めて、魂の奥底からの喜びが味わえるのです。生命の階段を低く下りるほど、それだけ高く上がれるのです。地上人生の陰と思える体験を重ねるほど、日向の喜びがひとしお身に沁みるようになるのです。
すべてのことが霊性進化の肥やしになります。そのうち皆さんも、肉体の束縛から解放されて曇りのない目で地上人生を振り返るときがまいります。その時、紆余曲折した出来事の中で、それらの一つひとつがちゃんとした意味を持ち、すべての体験が皆さんの魂を目覚めさせ、その可能性を引き出すことになっていたことを理解するようになるはずです。

魂にとって、正しく理解し正々堂々と立ち向かって何の益ももたらさないような体験は一つもありません。いったい、困難も試練も問題もない物的世界というものが想像できるでしょうか。そうした世界では何の進化も得られません。克服すべきものが何もないからです。あるのは堕落のみです。”
 (「シルバーバーチの教え」上巻 P109 スピリチュアリズム普及会)

ページトップへ

 

過去の読書会テキスト

 

今月の叡智の言葉 (2022年1月)

“自分が元来不死の魂であり、それが一時の存在である土塊に宿って自我を表現しているにすぎないこと、・・・” 
(シルバーバーチの霊訓 一巻 P116 潮文社)

“あなたは永遠の存在であることを自覚して下さい。生命の旅路においてほんの短い一時期を地上で過ごしている巡礼者にすぎません。”
(シルバーバーチの霊訓 一巻 P121 潮文社)

ページトップへ

 

寸 感(2022年1月)

私たちの今の地上人生とは一体何なのでしょうか” その2 (人生の目的) (2021.12.30) 


地上世界では、特に男性にとって世界的な大事業で成功した人を私たちの理想像として、社会的にも尊敬され生きる模範となっています。そのためにはどうすればそのような人間になれるのか、人生の生き方の手本として必ず彼らのハウツウものが出版されます。いわゆる人生の勝ち組としてもてはやされ、憧れの対象となり社会的に発言力も増して生き方のアドバイザーとなるのです。おそらくその“生き方”が正しかったからこそ、大企業の創業者となり立身出世したのだろうと当然のごとく考えるからです。
他方で、“地上の価値判断の基準は私どもの世界とは異なります。地上では物(お金など)を有難がり大切にしますが、こちらでは全く価値を認めません。人間が必死に求めようとする地位や財産や権威や権力にも重要性は認めません。そんなものは死と共に消えてなくなるのです。”(P117)や、“霊的成長をおろそかにして金儲けにうつつを抜かしていると、そちらの世界では金持ちと言われても、こちらの世界では哀れな貧しい魂になってしまいます。”(「シルバーバーチの教え」上巻 P94)ともシルバーバーチは語っています。
そこで私たち霊的真理を知った者にとっては、何をもって人生の最高の生きる目標・目的とするのか、あるいは、たった一度限りの地上人生を悔いなく価値高く生きるには、その価値基準を一体何に置くのかということが問われてきます。


私たちが今生でなすべき仕事として、「シルバーバーチの霊訓」一巻 六章 “役に立つ喜び”P105~P121(潮文社発行)には、「地上における真の偉大な仕事」が以下のとおり十件も繰り返し出てきます。(原文のYou“あなた方”を、“あなた”に差し替えて霊訓を引用します。)


① 他のいかなる仕事にも優る大切な仕事を成し遂げたことになります  P106
② それに勝る行為(仕事)は有りません  P106
③ その(霊力の)道具となることほど偉大な仕事はありません  P107
④ 人間としてこれほど実り多い仕事は他にありません  P114
⑤ これは何にも勝る大切な仕事です P115
⑥ 真の意味で偉大な仕事と言えます  P117
⑦ これは実に偉大で重要な仕事です  P118
⑧ (霊的)真理と知識と叡知と理解を広める仕事に協力していることになります  P118
⑨ これはあなたに出来る仕事の中でも最も重要な仕事です  P120
⑩ (霊側と)協力し合うことによって人生の全てが拠り所とするところの霊的基盤に関わる重大な仕事に携わることができるのです  P120


ここでいう“仕事”とは、もちろん霊的真理を知った者の義務・責任として他人へもその霊的真理を伝えるという“仕事”です。自分一人が霊的な宝ものを手にして豊かになり、個人的満足を得ているだけではいけないとシルバーバーチは語っているのです。
今回はそのことについて、もう少し考えてみましょう。


――まずは、私たちの地上人生の目的として、シルバーバーチは次のように述べています。


●地上生活のそもそもの目的は、居眠りをしている魂がその存在の実相に目覚めること(霊的覚醒)です。 P106

 

人生の最高の目標が霊性の開発(霊的成長)にあることを、ゆめ忘れてはなりません。P116


自分がいかなる存在であるのか(霊的覚醒)、何のためにこの世にいるのか(霊的成長)についての正しい認識を失わぬようにして下さい。 P121


●手の及ぶ範囲の人々に、この世に存在する目的つまり何のために地上に生れて来たのかを悟り、地上を去るまでに何をなすべきかを知ってもらうために、真理と知識と叡知と理解を広める仕事に協力していることになります。P118

 

――さらに私たちが霊的に覚醒したあと、人生の最高の目標である霊性の開発、すなわち霊的成長をするにあたってなすべきこととして、シルバーバーチは次のように語っています。


● どう理屈をこねてみたところで結局は神の創造物──人間、動物、その他何でもよろしい──の為になることをすることによって神に奉仕することが何にも勝る光栄であり、これに勝る宗教はありません。 P106

● ここに集える私たち一人ひとりが同胞の幾人かに霊的啓発をもたらすことによって、少しでも宇宙の大霊に寄与することができることの幸せを神に感謝いたしましょう。 P115

一個の魂に感動を与えるごとにあなたは神の創造の目的成就の一翼を担ったことになります。これはあなたに出来る仕事の中でも最も重要な仕事です。魂に真の自我を悟らせてあげているのであり、これは他のいかなる人にもできないことです。ただし、この仕事は(霊側との)協調の上に成就されるものです。P120

● 言いかえれば、不変の霊的実相(霊的摂理)の証を提供するためにあなた方を使用する高級霊と協力する資格を身につけたことになるのです。これは実に偉大で重要な仕事です。

(中略) 肝心なことはそれを人生においてどう体現していくかです。
心が豊かになるだけではいけません。個人的満足を得るだけで終わってはいけません。
今度はそれ(霊的真理)を他人と分かち合う義務が生じます。分かち合うことによって霊的に成長していくのです。それが神の摂理です。 P118

 

――では次に、霊的真理を他人と分かち合うことによってなぜ霊的に成長するのかについて、霊訓を引用して考えてみましょう。


● あなたが真に奉仕の精神に燃え霊的能力を人のために役立てたいと望めば、その霊力があなたを通してその人たちに流れ込み、苦痛を和らげ、調和を回復させ、マヒした関節ならばこれを自由に動かせるようにし、そうすることによって霊的真実に目覚めさせることになることでしょう。 P108


私たちに必要なのは霊の道具となるべきあなたです。豪華なビルや教会や寺院や会館ではありません。それはそれなりの機能があることは認めますが、霊の力はそんな“建物”に宿るのではありません。霊的な力は私たちにとって大切な顕幽の強大な連絡網をつなぐ人間の道具を通して流れるのです。 P114

(the power of the spirit flows not through masonry but through human instruments who
 are important to us as links in the mighty chain.)


● 心がけ一つで自分を通じて神の力が地上に顕現するという実相を悟ることになるでしょう。 P116


● これから後も人のために役立つ仕事に携わるかぎり、霊の力が引き寄せられます。 P116

 

以上引用した霊訓から、私たちの霊的成長はどうも霊界の高級霊からの霊力が私たちを通って他人に流れることとリンクしているようです。


霊的真理を地上の人間に広めるにあたって、協力関係にある霊側の高級霊からの導きや支援、叡智や悟りなどさまざまな霊力が地上界に流れ込む必要があり、そのためには顕幽の媒介となる霊界の道具としての地上の人間が霊界からの霊力の通路として絶対不可欠であることが分かります。このことはおそらく精妙な波動との違いからきており、霊力の流れる通路となることによって物質界の波動に変換する変圧器としての機能が霊界の道具(インスツルメント)である地上の人間にはあるからでしょう。


霊的真理を他人と分かち合おうとすると、高級霊からくる霊力(神の力)がその人(霊の道具)を通して流れることになり、霊力の流れである本流が太くなってきてスピリットヒーリング同様、その一部がその人にも残るようになります。
このことを具体的に述べますと、霊的真理を他人と分かち合う努力をすれば、霊界の高級霊と協同作業することになり、その結果、高級霊からの導きやインスピレーションの流れをその人(霊の道具)が受け取りやすくなって悟りや叡智が深まり、利他の行為が結果として自らの霊性も向上することになるのです。このように共存共栄で共に成長する、それが神の摂理だとシルバーバーチは語っているのです。(P118)

 

“自分がこの世に存在することの目的を日々成就できること、つまり自分を通じて霊の力がふんだんに地上に流れ込み、それによって多くの魂が初めて感動を味わい、目を覚まし、健全さを取り戻し、改めて生きることの有難さを噛みしめる機会を提供すること──これは人のために役立つことの最大の喜びです。真の意味で偉大な仕事と言えます。

地上のどの片隅であろうと、霊の光が魂を照らし、霊的真理が沁みわたれば、それでいいのです。それが大事なのです。それまでのことは全てが準備であり、全てが役に立っているのです。” (P116)


ページトップへ

 

ブックマーク

-シルバーバーチ読書会のご案内- (北から順)

○東京シルバーバーチ読書会  ○三重シルバーバーチ読書会  ○滋賀シルバーバーチ読書会 

○京都シルバーバーチ読書会  ○生駒シルバーバーチ読書会  ○関西シルバーバーチ読書会

○初めてスピリチュアリズムを学ぶ会  ○神戸シルバーバーチ読書会   ○北神戸シルバーバーチ読書会

○姫路シルバーバーチ読書会  ○広島シルバーバーチ読書会  ○沖縄スピリチュアリズム読書会

 

-ブックマーク-

○スピリチュアリズム普及会  ○ともしび  ○続 いのちの波動  ○彼女の旅路 

○スピリチュアリズム・心のノック  ○シルバーバーチの霊訓とともに歩む  ○コバチャン本舗  ○霊性の目覚め

○シルバーバーチの教えとともに   ○助けとなる言葉  ○東京スピリチュアリズム・ラボラトリーブログ 

○The Spiritual Truth by Silver Birch  ○乳がんになってスピリチュアリズムに出会うvol.2  

○ブログ「スピリチュアリズム研究ノート」 ○ちかのぶつくさ日記 ○真実一路 ◯霊界文庫

○(公財)日本心霊科学協会 シルバーバーチの霊訓 ○「シルバーバーチの霊訓」講座 講義用ノート

 

-自殺予防サイト-  「シルバーバーチの霊訓」に基づいた自殺予防サイトです。“自殺”キーワードの検索上位にするためには出来るだけ頻繁に閲覧することや、外部からリンクを貼ることが有効ですのでご協力をお願い致します。

○自殺ダメ  ○自殺の甘い罠

 

   ページトップへ

 

トップ