大阪シルバーバーチの会 亀水忠茂

大阪シルバーバーチ読書会のご案内
人生に疲れた方、心配、不安の絶えない方、
いっしょに霊的摂理・真理を学んで人生の目的を知り、
共に限りある今生を力強く活きませんか。

第ーー回読書会

開催日/ーーー

コロナ禍につき「6月の読書会(勉強会)」は中止します。7月からは再開する予定です。

時 間/ーーー

場 所/大阪市立生涯学習センター
     TEL: 06-6345-5000(代)
     大阪市北区梅田1-2-2-500
     大阪駅前第二ビル5階
     アクセス案内:
     https://osakademanabu.com/umeda/access


内 容/ーーー

     

持参品/ーーー

   ページトップへ

 

mail

新規参加を希望される方は、
事前にメール連絡をお願いいたします。

   ページトップへ

 

profile

氏  名:亀水 忠茂

生まれ:1950年 男性 現役企業人(製造業)
住  所:兵庫県
趣  味:読書、クラシックカメラの収集
その他:

学生時代から常に人生の目的、意義を知りたいと探求してきました。

    ページトップへ

 

ご案内

 世の中あげて、科学・物質万能、拝金主義に突き進んでおります。そして五感に感じる現実のこの世界が人生の全てであって、それを謳歌するためには、どうしてもお金や地位、権力が必要と信じきって、その実現のためにはああでもない、こうでもないと、じっとしていられない毎日を送っております。そのため不安、恐怖、心配事が朝、目覚めたときから脳裏をよぎり、いつもの取り越し苦労がまた始まります。他人のことをかまう余裕もありません。

 では、はたして目に見えるこの世界や身体が唯一のものなのでしょうか。世の中で言われるように、死とともにすべては無に帰するとすれば、ほとんど苦悩の連続の人生とは一体何なんでしょうか。

 あるいは昔からいわれているように霊魂という本当の自分、本体があって、じつはその霊の力というか、気のような生命エネルギーがその肉体を動かしているのでしょうか。

 今の私たちの人生はとても短い一度きりの貴重なものです。理性に照らして納得のいく答えを今生で見出したいものです。 私は迂用曲折の末、ようやく「シルバーバーチの霊訓」の中にその答えを見つけました。人生に疲れた方、心配、不安の絶えない方、いっしょに霊的摂理・知識を学び、人生の目的・意義を知って、共に限りある今生を力強く活きませんか。

 

◯おすすめ

友人の女性が経営する神戸市須磨区にある喫茶店(新須磨病院 隣)をご紹介します。スピリチュアリズム(特にシルバーバーチ)に関しては経験と知識がとても豊富で、的確なアドバイスが得られます。雑談も大歓迎ですので霊的摂理の話をする場がなくて困っておられる方は、どうかお気軽に遊びに来て下さい。
“喫茶りふれん”(午前8時~午後5時まで 定休日:毎月1日と日曜、祭日 TEL:078-737-3355)

 

次回読書会の霊訓の中から

  

 

過去の読書会テキスト

 

今月の叡智の言葉 (2022年5月)

“穏やかな心・安らかな気持ち・希望と信念と自信に満ちた明るい雰囲気に包まれているときには、大勢の霊が寄ってくることを実感するようになります。”
(P18 シルバーバーチの教え 下巻 スピリチュアリズム普及会発行)

ページトップへ

 

寸 感(2022年5月)

霊的成長こそが地上人生の目的” (人生の目的) (2022.4.22) 


シルバーバーチの教え 下巻 二十一章“青年牧師との論争”P100~P143より


“自由意志(自己責任・因果律)は大霊の摂理です。その摂理は(霊的に成長ができるように)大霊の愛から造られたものであり、大霊の子供たちのすべてを平等に支配しています。” P125

1. 欠点があるのが人間

私たちがもしも欠点の無い人間であったなら、この地上世界には生まれてこなかったでしょう。


――地上の人間にとって、聖別された完璧な生活を送ることは可能でしょうか。すべての人間を愛することは可能なのでしょうか――

いいえ、それは不可能なことです。しかし、そのように努力することはできます。すべての努力は、あなたの人間性を形成するうえで、とても重要です。決して怒ることもなく、敵意を持つこともなく、かんしゃくを起こすこともないなら、あなたはもはや人間ではないことになります。人間は霊的に成長することを目的として地上に生まれてくるのです。 成長また成長と、どこまでも成長の連続です。それは地上だけでなく、こちら(霊界)へ来てからも同じです。”P121

完全であるように努力しなさい、と言っているのです。それが地上で目指すべき理想であり、内部に宿る神性を発揮する生き方なのです。 P121

 

2. 摂理の第一原理は“原因と結果”(因果律)の法則 

因果律は、“結果”から反省することによって心の成長が始まるという神の愛の摂理なのです。


――死後の世界とは、どういうところですか――


“あなた方の世界と実によく似ています。ただし、こちら(霊界)は“結果”の世界で、そちら(地上界)は“原因”の世界です。” P102
                                         
蒔いた種は自分で刈り取るのです。これは変えることができません。あなたは、今のあなたをそのまま携えてこちら(霊界)へまいります。 P107


地上人生で起きるすべてのことは、いつの日か必ず帳尻が合うようになっています。いつかは自分で天秤を手にして、バランスを調節する日がまいります。あなた方は、自分が蒔いた種を自分で刈り取るという自然法則から逃れることはできません。軽い罰で済んでいる人がいるかにお考えのようですが、そういうことはありません。 P117


いかなる過ちも必ず正さなければならないということです。もしも地上(物質界)で正さなかったなら、こちら(霊界)へ来てから正さなくてはなりません。 P126


“自分が蒔いた種は、自分で刈り取る”――あなた方は、この摂理から逃れることはできません。神の摂理をごまかすことはできないのです。 P132


●神は人間に“理性”という神性の一部を植え付けられました。私はあなた方に、その理性を使ってほしいのです。大きな過ちを犯し、それを神妙に告白することで心の安らぎは得られるかもしれませんが、“罪を犯した”という事実は変えられません。神の摂理に照らしてその歪を正すまでは、罪はそのまま残っています。それが大霊の摂理なのです。イエスが語ったという言葉をいくらバイブルから引用しても、摂理を変えることは絶対にできません。 P134

 

3. 地上世界での苦しみの意味は

“本当の自分”(霊魂)に目覚めるには、試練や困難、苦しみという厳しい体験が必要なのです。


――この世には、なぜ多くの苦しみがあるのでしょうか――


大霊の摂理は、苦しみを通してしか悟ることはできません。苦しみという厳しい試練を経て初めて、あなた方の世界を支配している大霊の摂理を理解することができるのです。” P116


――苦しみがない人が大勢いるようですが、・・・


“大切なことは霊に関わることであって、肉体に関わることではないことを理解しなければなりません。霊の苦しみの方が肉体の苦痛よりも耐えがたいものです。” P116


大霊は、すべてのものに宿っています。間違ったことにも正しいことにも宿っています。太陽の光にも嵐にも、美しいもの醜いものにも宿っています。空にも海にも雷鳴にも稲妻にも宿っているのです。美しいものや善なるものだけでなく、(欠点だらけの人間の)罪や悪にも宿っているのです。 P128


地上に苦難がなければ、人間は正していくべきものへ注意を向けることができません。
すべての苦しみや痛みや邪悪は、大霊の分霊であるあなた方人間が、いかにしてそれを克服していくかを学ぶためにあるのです。
もしも苦痛を乗り越えるための努力を怠っているとしたら、あなた方を地上に誕生させた大霊の意図を理解していないことになります。 P117

 

4. 地上での最大の罪とは

人間の生命を奪う戦争や殺戮、残虐行為は摂理に真っ向から対立する神への反逆行為です。


――地上での最大の罪は何でしょうか――


“最大の罪は神への反逆です。 神の存在を知りながら、神の意思(摂理)に背く生き方をすることです。それが最大の罪です。”P105


●地上界に限って考えてみても、戦争を正当化することはできません。(中略)戦争は、人間は地上界を離れる時期が来た時に肉体から去るべきである、という摂理に反する事になるからです。大霊の子が、よくぞ平気で神聖なる摂理を犯すものだと、私たちは呆れるばかりです。P57


●物質的な豊かさにおいて自分たちよりも劣る民族に対して今なお白人が行っている残虐行為(ジェノサイド等)は、神に対する最大の罪の一つと言えます。 P108

 

5. 摂理の実践

他人には利他愛を、自らには摂理に対する信仰(信念)という実践行為もまた必要です。


●言葉はどうでもよろしい。大切なのはあなたの行いです。 P106


●大切なことは実際の行為であり、それがすべてです。何を語るか、何を信じるかは問題ではありません。もし、あなたが何ひとつ信仰というものを持っていなくても、落ち込んでいる人を励まし、飢えている人にパンを与え、暗闇の中にいる人の心に光を灯してあげるなら、神の御心に適う行いをしたことになるのです。 P109


●地上世界は教えだけでは救われません。いくら長い教えを説いても、それだけでは救われません。大霊の子供たちが、親なる大霊の御心(霊的摂理)を鎧として、暗黒と弾圧の勢力に戦いを挑むことです。魂を束縛するすべてのものに立ち向かうことによって初めて、地上世界は救われるのです。P115


大切なのは何を信じるかではなく、何を為すかです。戦争、不正行為、飢餓、貧困、失業――こうしたことを黙認しているかぎり、(スピリチュアリズムや)キリスト教は失敗であり、イエスを模範としていないことになります。 P140


●叡智の言葉だけでなく、パンと日常の必需品を与えてあげなさい。魂と肉体の両方を養ってあげないといけません。霊を救うと同時に、その霊が働くための肉体も救ってあげるのです。 P142

 

6. 霊力に満たされる

魂の扉を開くとは、神(摂理)や背後霊を信頼し自らを委ねることです。


●しかしあなたが、自らを神に委ね、神の貯蔵庫からインスピレーションを受けるために魂の扉を開くなら、あなたの魂は古い預言者たちを鼓舞したのと同じ霊力によって満たされます。あなたはその仕事を通して、人生に落胆し、地上の片隅で疲れ果てている人々の心を明るく照らす光をもたらすことができるのです。  P118

 

7. 新しい時代の到来

地上世界は戦争の絶えない肉主霊従の物質中心主義から、霊主肉従の霊中心主義の新しい世界へ


●あなたは、今まさに崩れつつある世界に身を置いていることを自覚しなければなりません。新しい秩序による世界、真の意味での天国が到来する時代の幕開けを見ているのです。その誕生には、痛みと苦しみと涙がともなうことでしょう。しかし最後には、大霊を中心とした世界が築かれるようになります。あなた方一人ひとりが、その新しい世界を到来する手助けができるのです。なぜならすべての人間は大霊の分霊であり、大霊の仕事の一翼を担うことができるからです。 P119

 

“霊に照らして(何事も)解釈しなくてはいけません。霊こそが宇宙のすべての謎を解くカギなのです。The spirit is the key which unlocks all the mysteries.  (P228 Teaching of SB) イエスが譬え話を用いたのは、そのためです。” P111


ページトップへ

 

ブックマーク

-シルバーバーチ読書会のご案内- (北から順)

○東京シルバーバーチ読書会  ○三重シルバーバーチ読書会  ○滋賀シルバーバーチ読書会 

○京都シルバーバーチ読書会  ○生駒シルバーバーチ読書会  ○関西シルバーバーチ読書会

○初めてスピリチュアリズムを学ぶ会  ○神戸シルバーバーチ読書会   ○北神戸シルバーバーチ読書会

○姫路シルバーバーチ読書会  ○広島シルバーバーチ読書会  ○沖縄スピリチュアリズム読書会

 

-ブックマーク-

○スピリチュアリズム普及会  ○ともしび  ○続 いのちの波動  ○彼女の旅路 

○スピリチュアリズム・心のノック  ○シルバーバーチの霊訓とともに歩む  ○コバチャン本舗  ○霊性の目覚め

○シルバーバーチの教えとともに   ○助けとなる言葉  ○東京スピリチュアリズム・ラボラトリーブログ 

○The Spiritual Truth by Silver Birch  ○乳がんになってスピリチュアリズムに出会うvol.2  

○ブログ「スピリチュアリズム研究ノート」 ○ちかのぶつくさ日記 ○真実一路 ◯霊界文庫

○(公財)日本心霊科学協会 シルバーバーチの霊訓 ○「シルバーバーチの霊訓」講座 講義用ノート

 

-自殺予防サイト-  「シルバーバーチの霊訓」に基づいた自殺予防サイトです。“自殺”キーワードの検索上位にするためには出来るだけ頻繁に閲覧することや、外部からリンクを貼ることが有効ですのでご協力をお願い致します。

○自殺ダメ  ○自殺の甘い罠

 

   ページトップへ

 

トップ